利用の仕方

高速バスを利用するときは、出発の10分くらい前にターミナルやバス停に行くようにしましょう。ここで運転手にチケットを提示して指定された座席に座ります。そして降りるときには電車のようにチケットが回収されますので、なくさないようにしましょう。バスに乗ると出発ですが、バスは交通状況によって遅れることがよく起こりますので、余裕をもって利用するのが基本です。特に早朝や夕方は渋滞が起こりやすいので、注意が必要です。

そしてバスが走っているときは景色を楽しむのも良いですし、本などを読んで過ごす人もいます。高速道路を走行しますのであまり揺れず酔ったりすることもありませんので心配ありません。また長距離路線では、映画を放映する路線もあります。こうした路線では多くの人が映画を観て過ごしていますので、渋滞でも安心です。
 
そして夜行便ではほとんどの人が眠っています。しかしなかなか眠れない人もいますので、こういう場合、アイマスクや耳栓を持ち込むと眠りやすくなりますので、初めてという人はぜひともこうしたアイテムを持ち込んでみてください。

また座席の位置は真ん中がおススメです。後ろが好きな人がいますがバスはエンジンが後ろについて、音が大きいので後ろは避けるのがおススメです。